憲法改悪の危機

2018.08.15 Wednesday

0

     今、日本国憲法は改悪の危機にあります。国会に提出される法案が具体的にどのようになるかの詳細は未定ですが、基本的人権についての規程が後退することでしょう。憲法は一義的には公務員に対するものですが、今の日本には憲法を守らない公務員が多数います。そもそも日本には人権への反対者が多数いるのです。

     

     憲法が改悪されれば人権への反対者は、新しい憲法に規定されているから従えといった類のことを言って人権を侵害してくることでしょう。今まで日本国憲法を守っていたのでない限り、彼らは法治なり法の支配なりといった大義を掲げているわけではありません。人権への反対に都合よく法を利用しているだけです。現在の日本国憲法は悪しき文化である日本文化に合わないため守らなくても取り締まられませんが、改悪された憲法に従わなければ取り締まられることでしょう。しかし現在の憲法を守って改悪された憲法を守らない分には、自然法に従っている実定法であれば守るがそうでなければ守らないという大義が成り立っているのです。

    海外論文の複写取り寄せ

    2018.08.14 Tuesday

    0

       海外の論文集は主要な論文集であっても日本では1つの大学ではなかなか揃いません。アメリカと関係の深い関東学院でも例外ではありません。そのような時には図書館で他大学から複写を取り寄せてもらうのです。文宣はこのサービスをよく使います。しかし、お金がかかるのが難点です。

       

       

      JUGEMテーマ:学問・学校

      どの訳の聖書を好むか

      2018.08.12 Sunday

      0

         文宣は日本語聖書としては、普段は新共同訳か新改訳の聖書を使います。好みは新改訳の方です。理由は、一つは単に文体が好みというだけのものです。もう一つの理由は、新約聖書部分がネストレからの訳であることです。比較的最近知ったのですが、新共同訳の新約聖書部分は別の底本からの訳です。きっとその底本も権威があるのでしょうけれども。

        市場経済の優越性

        2018.08.10 Friday

        0

           経済学部や経営学部の学生の皆様にとっては、計画経済に対する市場経済の優越性は日本の大学においてもどこかで聴く機会があるでしょう。さてアメリカでは何が優越性と見られているでしょうか。WSJからして、コネを排除できることです。市場経済の方が公正だということですね。公正を貴ぶアメリカらしい発想です。特にアメリカと関係の深い関東学院大学の皆様はこのことを知っておくとよいです。

           

           ただし市場経済に優越性があることは政府の介入を全廃するべきということに直結はしません。また社会主義と計画経済は同じでないので社会主義市場経済という選択肢もあり得ます。さらには市場経済を称していても市場が機能していないならばコネの排除はできないでしょう。

           

           

          JUGEMテーマ:学問・学校

          川崎市長のイスラエルへの見解に賛成

          2018.08.08 Wednesday

          0

             今、もうすぐ開催されるISDEF Japanについて川崎市長と反イスラエル勢力が対立しています。僕は神奈川新聞に昨日掲載された、イスラエル企業を差別しない川崎市長の見解に賛成です。神奈川新聞は在日コリアンへの差別に反対しており、その点では適切です。一方で神奈川新聞すらも不公正にイスラエル企業を悪者に仕立て上げるという、イスラエル人への差別をしています。イスラエル人への差別は右派にも左派にも受けるので大部分の日本国民が一体になれるから日本にあふれているのでしょう。

             

             日本政府がパレスチナへの占領と呼んでいるイスラエルの行為は、あくまでもエジプト側の攻撃準備に対抗するイスラエルの防衛戦争としての第三次中東戦争の帰結であることをまず認識するべきです。子供であることとテロリストであることとは矛盾せず実際にパレスチナ側には子供のテロリストがいることの認識や、イスラエルは条約上核保有が禁じられていないことの認識も必要です(保有しているならアピールするでしょうから持っていないのでしょうけれども)。

             

             川崎市長にならいイスラエル人への差別をやめた方が差別に反対という神奈川新聞の編集方針にそぐいます。またユダヤ人国家法への評価は情報不足で難しいですが、少なくとも旧来はパレスチナ側と異なりイスラエル側では多民族が共生していたので、多文化共生を掲げる川崎市ではイスラエルのイベントはふさわしいです。そしてイスラエル側ではNFPによる政府に批判的な活動の自由やキリスト教徒の信教の自由が保障されるなど人権が尊重されているので、人権を掲げる川崎市ではイスラエルのイベントはふさわしいです。

            会計史研究の一時停止理由

            2018.08.03 Friday

            0

               今、僕は会計史研究は一時停止しています。関心がなくなったからではありません。アメリカでの会計史研究を見て、僕の歴史研究の方法論の弱さに気付いたからです。体系的に歴史研究の方法を学習してから研究を再開する予定です。ただし僕はポストモダンには反対なので、ポストモダンではない文献で学習しようと思っています。

               

               

              JUGEMテーマ:学問・学校

              『自然・人間・社会』での初めての論文公表

              2018.07.31 Tuesday

              0

                 今月、僕としては初めて『自然・人間・社会』の査読に論文原稿が通過し掲載されました。主にキリスト教徒向けに書いているので日本語ではなく英語での公表です。タイトルは"Recognition of the Church Accounting Standards by Japanese Christians"です。タイトルから分かるように最近制定されたキリスト教会会計基準についての論文です。キリスト教神学の知識を活用しています。

                 

                 原稿を書いてから公表までにそれなりに時間がかかりました。まずはヨーロッパのマイナーな宗教論文集に投稿し、日本人と思われる審査員よってリジェクトになりました。編集者は日本人ではなく編集者の対応は丁寧でしたが、善意で日本人審査員を選んだようです。リジェクトされた理由は日本の国粋主義に僕の原稿は都合が悪いというもののようでした。国粋主義の日本人に特徴的なコメントがされました。また僕が言ってもいないことを言っていると言い張るコメントもありました。最初、僕に配慮して編集者はそれらのコメントを伏せてきました。それからアメリカの論文集でよいものがないかしばらく探しましたが、見つけられませんでした。僕は謙虚ではありませんが平均的にはキリスト者は謙虚なため、他の宗教と比べてキリスト教に特化した論文集を持っていないからです。謙虚ではない僕としてはもっとキリスト者も自己主張をしていかなくては学界において他の宗教に圧迫され続けてしまうと思います。

                 

                 

                JUGEMテーマ:学問・学校

                「ラスト・ワーク」鑑賞

                2018.07.25 Wednesday

                0

                   NHKで放送された際に録画しておいたイスラエルのバットシェバ舞踊団の「ラスト・ワーク」を今日鑑賞しました。この作品はナハリン氏の振付によるもので、2017年にパリで講演されたものです。音楽が変わるとダンスが変わります。ダンサーたちの身体的な技術力が高かったです。しかし僕の鑑賞力不足でこの作品のメッセージは今一読み取れませんでした。ラスト・シーンに意味があるのかもしれませんが。

                  2018年度卒論中間プレゼン

                  2018.07.23 Monday

                  0

                     先週木曜に水谷ゼミ4年生に2018年度卒論中間プレゼンをしてもらいました。プレゼンテーションの練習が目的の一つです。多くの学生がSmartArtを使いこなしていました。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:学問・学校

                    姫路観光

                    2018.07.22 Sunday

                    0

                       先週、一人で姫路観光に行きました。姫路城、姫路市立美術館、兵庫県立歴史博物館、姫路市平和資料館、圓教寺に行きました。姫路城は美術的側面が一因で世界遺産に選ばれています。姫路市立美術館は國富奎三コレクション室にかなり価値ある美術品が揃っており、今回行った美術館・博物館で見ごたえは一番でした。圓教寺は重要文化財が揃った三之堂が荘厳でした。