教育用事例:産経新聞によるWSJへの言及

2020.02.20 Thursday

0

     原典に触れることは、正確性を担保するために有用なことがあります。言及している文献では誤訳などがされている可能性があるからです。原典が英語などの外国語の場合は、学部生にとってはハードに感じることもあるでしょうが、それでも学部生にもお勧めです。もちろん全ての事項について原典を確認するのは効率的ではありませんので、学生にも教員にも全て原典を見るべし、とまでは言いづらいです。例えば会計史研究では全ての原典まで見るのは困難なことが多いでしょう。

     

     僕は普段は検索エンジンとしてはグーグルを使っていますが、昨日Yahooが産経新聞のある面白い記事をニュースのリストに載せました。その記事は、日本では珍しく消費増税への批判につながりうるものでした。ウォール・ストリート・ジャーナル、略称WSJ、が社説で日本の消費増税を批判したことに触れたのです。WSJの社説は普段から、日本語の新聞で見受けられる低品質なものではなく、高品質なものです。産経新聞が様々な社会問題について持っている見解の中には、僕には同意できないものがありますが、今回の記事を報道の自由が西洋の大部分と比べ十分には担保されていない日本で載せたことは勇敢です。

     

     ただし、産経新聞のこの記事には誤りもあります。WSJの社説は日本に財政支出を勧めていると産経新聞はしていますが、実際にはWSJは勧めていません。WSJにはおまけのようなものとして一部の記事の和訳があります。日本時間18日に公表された今回の社説にも和訳があります。確かにその和訳からは、WSJが主語という解釈もできるでしょう。しかし原典でありいわば正文である英文では、いつもの注意人物なる人々が主語です。いつもの注意人物とは具体的には安倍総理に対立する政治家などでしょうね。またそもそもWSJは新自由主義の立場を採っています。新自由主義はベーシック・インカムを認めることはありますが、所得再分配には反対します。実際にWSJの日本時間2019年4月4日に公表された社説は財政支出に批判的です。この誤りは、実務での財政支出の是非の検討や新自由主義への学術的理解の上で支障となります。

     

     原典を見れば誤りを見破れるこのような事例があるわけですから、学生の皆様はレポートや卒論で活用する文献について必要に応じて原典を見ていくとよいです。なお、WSJは新自由主義を採りつつも、新ケインズ派である僕のことをWSJオピニオン・リーダーの一人としてくれています。おそらくはアカデミック・インテグリティがあれば対立する学説の支持者も活用できる、という見解をWSJは採っているのかもしれません。具体的な内容は機密に触れるといけないので言いづらいですが、WSJオピニオン・リーダーとしての作業は今のところ日本語ではなく英語がベースです。

     

     

    JUGEMテーマ:学問・学校

    『可愛い嘘のカワウソ』と芸術

    2020.02.18 Tuesday

    0

       去年、『可愛い嘘のカワウソ』という日本の漫画がKADOKAWAから発行されました。今月、購入して読みました。書店での分類としては教養とされていました。娯楽作品ではなく芸術作品と判断されているのでしょう。なお、KADOKAWAは関東学院大学経営学部のK-bizのサポーターです。主人公のカワウソについては、東京駅などでイベントまで開かれるほどの人気となっているようです。芸術性が高いためか、著作権について厳格に管理されているようです。

       

       芸術性の実際の中身を検討しますと、まず絵の芸術性が高いです。具体的には例えばですが、絵の描き方に特徴があります。そして他の具体的な点として、近世以前の西洋美術ではよくあるように、主人公のカワウソの格好は力を入れて描かれています。また、ストーリーには時としてメッセージ性もあり、この点も芸術作品ならではの特徴です。時としてそのメッセージ性は人道的であり、西洋で好まれそうなものです。親米派の僕ももちろん好みます。白黒ではなくカラーで書かれていることは日本の漫画ではおそらく珍しいので、この点も芸術上の工夫と言えるでしょう。色は巧妙に使われており、西洋美術で言えば印象派と類似しているように感じます。文字も工夫されており、書道の影響が感じ取れます。書道は日本のみでなく世界にそれなりに幅広く見受けられる芸術領域です。もちろん芸術がどうであれ、主人公のカワウソは可愛いです。

       

       芸術にもマーケティングがあった方が成功し易く、SWOT分析で言えば、『可愛い嘘のカワウソ』はコツメカワウソの日本における人気という機会を活用しています。そして絵が上手いという著者の強みを生かしています。現代日本ではスポーツ程には芸術や学問は尊重されないので、市場が十分に大きくないことが脅威でしょうが、先述のイベントなどでのグッズの販売でこの脅威への対応をしているようです。弱みとしてはKADOKAWAは芸術関係の企業ではないので企業内のノウハウが十分か不明なことですが、おそらくKADOKAWAの内部ではこの弱みへの何らかの対応が採られていたのでしょう。他の出版社に対応をまねされないように企業機密にするのでしょうけれども。

       

       芸術家にありがちですが、著者はLommyというペンネームを使用しており、本名は不明です。西洋美術の特徴が見られますが、奥付のプロフィールの欄に学歴が書かれておらず、著者に西洋美術の学習歴があるかは不明です。日本にも芸術関係の大学はありますので、学習歴があっても不思議はありません。

       

       さらには主人公のカワウソの間違い探し絵本まで発行されたので、購入して姪っ子にプレゼントしました。カレンダーもあるようですが、まだ購入していません。また、続編が楽しみです。

      AAHのウェビナールに初参加

      2020.02.15 Saturday

      0

         昨日の夜から研究室に泊まり込んで、今日に日付が変わってからアメリカ会計学会会計史部会のウェビナールに初参加しました。M&Aの前の米国会計史学会の更新で、略称はAAHです。アメリカの東部の時間では14日の開催でした。そもそも僕はどの学会のウェビナールにも参加したことはありませんでした。使われたアプリケーションはWebExでした。WebExを使ったことはなかったので、音声の出し方が当初分かりませんでした。途中で音声の出し方は分かりました。僕はある先生から今回のウェビナールで報告するように推薦をいただいていたのですが、原稿の用意が間に合わずに辞退させていただきました。その先生には今後のウェビナールで報告したい旨伝えてあります。

         

         僕は今回のウェビナールでのどの報告も悪い報告だったとは思っていないのですが、中にはディスサントから酷評されている報告者もいました。全ての報告について小テストがあり、中々の難易度の問題が出ました。最も完成度が高いと感じたのは、ゼフ先生たちのご報告でした。それはIFRSに関係する報告で、コンバージェンスを推進したSECのチーフ・アカウンタントの伝記でした。キリスト者かつキリスト教主義の大学の教員として関心を持てたのはスミス先生のご報告で、ルカ・パチオリについてのものです。ルカ・パチオリが形だけでなく実際にキリスト教を重んじていたことなどが語られました。今回のウェビナールは全体としても、歴史を学ぶというより歴史に学ぶという趣向のものでした。

         

         日本の学会もウェビナールを実施してみると、研究の促進に効果があるのではないかと思います。AAAは会計史部会以外でもウェビナールを開催しています。日本では、特に複数の地域間での合同部会では研究費の支出の削減にもつながることでしょう。日本の大学では十分な金額の研究費の調達は困難なので、支出の削減は有意義です。ところでかつてSkypeを使える水谷ゼミ生がいましたが、WebExではなくSkypeでも類似したウェビナールは可能なのでしょうかね?

         

         

        JUGEMテーマ:学問・学校

        教育用事例:ウィルス対策ソフトの差別化

        2020.02.14 Friday

        0

           差別は非人道的ですが、マーケティングの発想としては、財・サービスの差別化は企業が利益を最大化して株主に配当をしていくために必要です。ウィルス対策ソフトとして有力なものは、かつてはアメリカのシマンテックのノートンとどの国の企業か判別が困難なトレンドマイクロのウイルスバスターとロシアのカスペルスキーのカスペルスキーでした。最近は有力なソフトウエアの事情が変わっているかもしれないので、ご存知の方がいればご教示いただきたいものです。

           

           近年はノートンが売り上げでは1位のようです。そうなりますと市場での生き残りのためには、ウイルスバスターやカスペルスキーにはノートンとの差別化が必要です。しかしコンピュータ・ウィルスを防ぐという根本的な機能はあることが前提です。そうした中でウイルスバスターやカスペルスキーは、軽さを売りにしていく、という差別化を図っているのです。ウイルスバスターはクラウドを使うという方法で軽さを実現し、クラウドの利用という種明かしを顧客にしています。カスペルスキーがどうやって軽さを実現しているのかは僕は存じません。

           

           なお、僕自身はノートンとカスペルスキーは利用歴があります。ウイルスバスターの利用歴はありません。また、マイナーなウィルス対策ソフトの利用歴もあります。もちろん、どのソフトウエアが株主ではなく消費者にとってベストかは、マーケティング分野よりも情報分野の発想で検討するのがよいでしょう。

           

           

          JUGEMテーマ:学問・学校

          学年と成績評価

          2020.02.13 Thursday

          0

             関東学院には飛び級制度がありますし僕は挑戦をお勧めしますが、多くの学生は4年間で卒業します。僕は慶應で飛び級したので違いましたが、関東学院に限らず日本の多くの大学生の在籍期間は4年間でしょう。そして全国の大学において、4年生になってからの成績を特別に気にする学生もそれなりの割合いるでしょう。就職活動による授業参加への支障について何らかの配慮をするのは、やり方によっては公正さを損ねないでしょう。一方で、単に卒業がかかっていることを以って成績評価を同じ授業を履修する他の学年の学生よりも甘くしたならば、不公正です。少なくとも僕は、会計機Ν兇砲いて後者のような不公正な成績評価はしていません。もちろん、会計機Ν兇任呂修發修眛颪靴垢る試験問題は出題していません。僕自身普段の行動は必ずしも計画性が十分ではありませんが、学生の皆様には4年生になって単位取得に苦戦しないように、1年生から余裕を持って単位を取得していくのがお勧めです。留年してしまうと学費が余分にかかってしまいますから。

             

             

            JUGEMテーマ:学問・学校

            ポリティカル・コレクトネスと差別

            2020.02.09 Sunday

            0

               今日のアメリカにはポリティカル・コレクトネスへの賛成者がそれなりにいます。ポリティカル・コレクトネスに反すると差別に当たるという発想もあるようです。一方で名門大学であるシカゴ大学はポリティカル・コレクトネスに反対なようです。シカゴ大学は、活発な議論というものを推奨したいのでしょう。活発な議論は学問の自由とも関係することでしょう。またウォートン・スクールの出身者でもあるトランプ大統領も、ポリティカル・コレクトネスに反対だったかと思います。差別は平等権の観点から防ぐべきです。しかしポリティカル・コレクトネスは本当に差別を防ぐために向いているのかを現代人は検討するべきです。

               

               A民族はB民族と敵対しているとします。ある論文の査読者はA民族で投稿者はB民族だから差別するだろう、と言えばポリティカル・コレクトネスに反することになり、ポリティカル・コレクトネスの賛成者にとっては査読者を差別したことになります。しかし実際には査読者は投稿者を差別しているかもしれません。つまりポリティカル・コレクトネスが差別の放置を強いることになりかねないのです。X教徒とY教徒とが敵対している場合も同様のことが言えます。あるいは、ある学会の事務局長はX教徒だからY教徒の会員を差別するだろう、と言うことについても同様です。そのため、僕はポリティカル・コレクトネスに全面的には賛成できません。

               

               ただし近年のキリスト教の讃美歌でも見受けられるように不快語を避けるという動きには僕も賛成です。不快語を避けることが実際の差別を防ぐことができると思うからです。ただし不快語すらも歴史学に関わる文脈では扱いが難しいです。つまり、ポリティカル・コレクトネスには全面的には賛成も反対もしない方が適切に思えます。ポリティカル・コレクトネスについて皆様はどういう理由でどうお考えになりますか?

              「人、神、自然」鑑賞

              2020.02.08 Saturday

              0

                 今日、東京国立博物館で開催されている「人、神、自然」を鑑賞してきました。この展覧会タイトルからは分かりにくいでしょうが、カタールのザ・アール・サーニ・コレクションの展覧会です。ザ・アール・サーニ・コレクションは、世界から幅広く収集された工芸品のコレクションです。今回の展覧会では主に古代の作品が展示されています。土日には展覧会は混雑しがちでしょうけれども、この展覧会は嬉しいことにそれ程は混雑していませんでした。特設サイトが作られていなかったことが、それ程は混雑しなかった一因でしょう。また、東京国立博物館での海外関係の展覧会はなぜか必ずしも混雑しないことを、僕は予め知っていました。

                 

                 僕は動物が好きです。この展覧会の主催者としては、クマの像がお勧めなようです。確かに、悪くない可愛さでした。しかし、僕が可愛いと思ったのはヒヒの像です。一部の作品のみですが、ガラスを挟まずに鑑賞することができたのは嬉しい点です。ガラスを挟まなかった作品にアイベックスの像がありますが、物理的に大きな像でした。今日では日本でもアイベックスを一部の動物園が飼育しているようですね。動物以外については、ギリシア神話のサテュロス像は物理的にキラキラでした。この展覧会は横浜から鑑賞しに行く価値はあったと思います。

                投資信託と企業価値評価

                2020.02.07 Friday

                0

                   関東学院には投資信託に関心を持ってくれている学生もいます。経営学部の教員としては嬉しいことです。全国の経営学部や経済学部の皆様は、投資信託に投資する側になるにせよ投資信託を開発する側になるにせよ、大学での学習を活かすと投資や開発の成功の可能性が高まるでしょう。投資信託には多くのバリエーションがあります。株のみではなく、債券などに投資する投資信託もあります。日本の金融機関でよく販売されているものは、一社ではなくいくつかの企業の株に投資するという投資信託です。例えば、ある業界だったりある国からそれら企業を選定しています。

                   

                   一方で、企業価値評価は一社を対象にして実施します。ただし、企業価値評価の知識は実は投資信託に応用できると僕は思うのです。特に、アメリカの企業価値評価では業界分析も実施します。ある業界から銘柄を選定している投資信託では業界分析を活用できるでしょう。また企業価値評価にはカントリー・リスクという発想があります。ある国から銘柄を選定している投資信託ではカントリー・リスクを考慮するべきでしょう。

                   

                   ちなみに、僕としては手数料などを考慮すれば多くの投資信託は金融の初心者向けであって、金融に慣れている投資家にはもっと割のいい金融商品があると思っています。ただし、中には金融に慣れていても割がよさそうな投資信託もあるので、僕も家計運営に投資信託を少しだけ活用しています。

                   

                   

                  JUGEMテーマ:学問・学校

                  教育用事例:ロシアでのマスクの価格

                  2020.02.06 Thursday

                  0

                     僕はかつて慶應の大学院で、計量経済学の教員から経営の経済学 (business economics) も学びました。教材は経済学のジンマーマン先生たちが執筆した洋書でした。その中に、アメリカで災害時にも営利企業は価格を吊り上げなかった、それは顧客との良好な関係を維持して長期的な利益を図るためだった、というお話が載っていたと思います。経済学では需要と供給で価格が決まるというのは基本です。しかし短期的な利益最大化に走ることは経営上望ましくない、というわけです。

                     

                     新型コロナウイルスの影響で、現在ロシアで薬局が販売するマスクの価格が高騰しています。極端な場合はかつての60倍くらいの価格になっているようです。プーチン大統領はそうした薬局の営業許可の取り消しに今月言及しています。副首相が問題視したため、プーチン大統領もこのような言及をしたのでしょう。副首相や大統領が価格にどう対応すべきかはロシアの法制度にまだロシア語を習得していない僕は詳しくないので、対応の良し悪しはこの記事では特に言及しません。法学部の関係者にとっては対応の良し悪しが重要でしょうね。そして、ロシア政府はこのマスクの価格の吊り上げを不当、と見ているようです。

                     

                     『市場対国家』からして、ロシアは今日では市場経済の要素をある程度は取り入れているはずです。薬局がもし営利企業であるならば、ロシア政府からの処罰がなくても顧客との良好な関係を維持できなくなる価格の吊り上げは、長期的な利益という市場経済であれば営利企業が目指すものを損ねる失策です。そして、ジンマーマン先生たちがおっしゃっていたと思うお話と違うのは、ロシアでは今回のマスクの価格の問題を顧客による反応に委ねず、あるいは丸投げせず、ロシア政府が介入した点です。また、価格について不当という発想は、正教会ではなくカトリックのアクィナスの公正価格という発想に通じるものがありそうです。公正価格について、最近ではサンデル先生がご著書で言及なさっていたと思います。

                     

                     ロシアの消費者にとってマスクの価格が吊り上げられていることは深刻な問題なのでしょうが、経営の経済学の観点からはこの学術領域への理解を深める話題をこのマスクの価格問題は提供しています。なおマスクの価格の吊り上げは、薬局がもし民間非営利組織や政府機関であれば、非営利性や公益性に疑義が生じてしまう倫理的な問題です。そのため、もしご存知の方がいらっしゃれば、問題になっている薬局が営利企業か否かご教示いただきたいところです。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:学問・学校

                    教育用事例:リトルリッチマン

                    2020.02.04 Tuesday

                    0

                       アナログ・ゲームであるボード・ゲームについては以前から教育に活かしている僕ですが、最近、会計気亮業でデジタル・ゲームの話をしました。そこで今回の記事は、経営シミュレーション・ゲームであるリトルリッチマンについてです。リトルリッチマンはインゲームという企業が配信しているオンライン・ゲームです。基本プレイ無料なので、僕も楽しんでいます。ただし、僕の楽しみ方は平均的なユーザーと多少違っている可能性が高いです。僕は、現実の経営と見比べて合致度を見るのを楽しんでいるという側面が強いのです。リトルリッチマンのシステムがどうなっているかは公式サイトで公表されているので、ネタバレを気にする必要なくこの記事は書くことができます。

                       

                       プレイヤーは経営者としてプレイしていきます。ログインしていない時に経営を任すため、執事という名称の代理人を雇うことができます。しかし執事によっては怠けます。僕はプリンシパル=エージェント関係の専門家ですが、執事が怠けるのはエージェンシー問題に該当します。ある程度ゲームを進めると、各事業に中間管理職たる店長を雇うことができます。店長は一般の従業員の士気を高めます。『経営理論大全』にもあったモチベーションを高めるという中間管理職の役割の一つが表現されています。土地については投資というカテゴリーで扱われており、事業資産ではなく金融資産扱いと見受けられます。土地には労働力の投下がないので、会計学からして適切な分類です。ちなみにIFRSでは土地を時価測定するという金融資産にふさわしい会計処理が可能であり、インゲームの経営者はIFRS採用国である中国の方が務めていた時期がありましたから、出やすい発想だったのかもしれません。現在のインゲームの経営者がどのような方かは僕は把握していません。

                       

                       ここまでは現実の経営と合致しているのですが、逆に合致していない点もあります。その典型の一つは、財団から営利企業にお金を回せる、つまり財団であるにもかかわらず配当できてしまうことです。ゲームとしての娯楽性を高めるためにこのような仕組みとなっているのでしょうから、やむをえないことではあるのでしょう。また、ゲームを進めていくと他企業の株を買えるようになるのですが、ポートフォリオを組めません。他企業が倒産することはないのですが、倒産がありうる現実においてはリスク分散に関して問題が生じます。倒産が起こりうるようにするとゲームが複雑になるため、あえて倒産はしないようにしたのでしょう。

                       

                       なお、リトルリッチマンに登場する人物たちは2から3等身なのでかわいいです。さらにはペットまで登場し、かわいいは正義です。オンライン・ゲームにありがちであろうことですが、インゲームによるイベントも頻繁に実施されており、力が入っています。インゲームとしては課金をするユーザーから収益を得ている中で、課金をしなくても十分に楽しめるのは僕のようなユーザーにとってはありがたいです。

                       

                       何かしらの経営シミュレーション・ゲームをプレイしている方々には、現実の経営、特に会計の側面、との見比べという観点も持っていただけると会計学者としては嬉しいです。もちろん、他のオンライン・ゲームについてもそうですが、リトルリッチマンをプレイしたい方々は事前にウイルス対策ソフトをPCにインストールしておくのがよいです。

                       

                       なお、Six Wavesという企業がリッチマスターというゲームを配信しており、リトルリッチマンとリッチマスターとの間には類似点もあるようです。しかし、リッチマスターは街づくりゲームなので関東学院を含むどこかの大学の経営学部で学ぶ学生や学んだ卒業生の多くの関心とは方向性が違いそうです。例外は、経営学部内部で都市計画を専門にする専門ゼミの関係者でしょう。法学部は大学によっては街づくりを扱っていますので、もしかすると法学部の関係者にはリッチマスターの方がリトルリッチマンよりも関心に合っているかもしれません。

                       

                       

                      JUGEMテーマ:学問・学校