「茶壷」鑑賞

2020.03.30 Monday

0

     今日、衛星劇場で歌舞伎の「茶壷」が放送されたので、鑑賞しました。衛星劇場を視聴できる環境が続いているのです。今日放送されたのは今年公演されたものです。迅速に放送されたのです。この演目は狂言がもとになっています。狂言の方ではこの演目はまだ鑑賞したことがありません。歌舞伎にされたのは江戸時代ではなく大正時代です。

     

     ストーリーには歌舞伎と狂言とで差異があるようです。歌舞伎でのストーリーにはメッセージ性はあまりないように感じます。演出については、舞の多い演目でした。目代は服装が動きにくそうなので、舞のためには高い技術が要りそうです。酔っ払いと詐欺師と目代が一緒に動く場面では、二人三脚のような技術が要りそうです。これらの技術はアクロバットとは異なったものでしょう。衣装としては、三名ともある程度豪華な服装をしています。目代はそれでよいのですが、平民であろう酔っ払いと儲かっていないという設定の詐欺師とがこうした服装なのは不思議です。シェイクスピアの戯曲と同様に歌舞伎はかつては庶民の娯楽でしたから、もしかしたら娯楽性を高める工夫なのかもしれません。

    「石橋」鑑賞

    2020.03.27 Friday

    0

       歌舞伎の「石橋」が今日衛生劇場で放送されたので鑑賞しました。現在、僕は一時的に衛星劇場などの普段は見られない数チャンネルが見られる環境下にいるのです。今日鑑賞した「石橋」は2010年に公演されたものです。僕は能も好きですが、能の「石橋」は残念ながらまだ鑑賞したことがありません。一方で歌舞伎については獅子が登場する作品を他にも鑑賞したことがあります。

       

       西洋の前近代の演劇であれば道化が務める笑いを誘う箇所を、修験者などが務めていました。不思議なのは舞台設定としては日本ではなく唐なのに、なぜ修験者が登場するのかということです。反対に、漢文風のセリフがあった点は、舞台設定と合致していると思います。日本では高校までで教えられることになっている漢文の知識が身に付いていれば、このことには気づくでしょう。もっとも僕は高校の教師のおかげで漢文を身に付けたわけではありませんが。脇役たちによるアクロバットもありました。メイン・キャラクターたちよりも脇役の方が北東アジアの古典演劇ではアクロバットを担当しがちな気がします。サンスクリット語で使われるデーヴァナーガリーをイメージしたデザインが文殊菩薩の上着に施されていた点は、文殊菩薩がインドで布教したとされていることからすれば、凝った衣装と思います。

      「万作を観る会≪第二日目≫」鑑賞

      2020.03.21 Saturday

      0

         コロナウィルスの影響で、日本でも劇場が閉じられたりしています。そこで松竹のチャンネルである衛星劇場が、「万作を観る会≪第二日目≫」を今日無料で公開してくれました。この無料公開は営利企業による芸術振興であり、公益性のある活動です。僕もこの無料公開を鑑賞しました。この無料公開は2017年に公演されたものです。狂言3作品が主要コンテンツであり、他にもコンテンツは含まれていました。

         

         狂言は中世には既にありました。そしてGHQの改革より前の日本には儒教の影響が今日よりも強くありました。2番目の作品以外での登場人物たちは、儒教というよりも仏教や神道を信仰しているようです。しかし儒教の影響が全ての作品から感じ取れました。「水掛聟」では、嫁は親ではなく夫に味方しました。この作品の夫も嫁も封建的なあるいは搾取がかった意味での孝には縛られていません。「咲嘩」では、家臣が主君に実質的に逆らっています。この作品の家臣は封建的なあるいは搾取がかった意味での忠には縛られていません。どちらの作品も笑いを誘う内容でした。「牛盗人」では、児童が親を救い、奉行が児童を尊重しました。この作品の児童には孝があり、奉行には仁があったのです。狂言でありながらもこの作品には笑いを誘う要素はなく、むしろメッセージ性の高い作品でした。この作品も悲劇ではなく喜劇なので、笑いを誘わなくても狂言に分類できるのでしょう。僕は儒教を信仰していないので儒教の徳目には賛成しませんが、信仰している人々にとってはこの作品の児童や奉行は賞賛すべきなのでしょう。

         

         ところで、最後の作品の奉行は盗人による欺瞞に惑わされずかつ (おそらくは多神教の) 神への信仰心を持っているので、偽の親に惑わされずかつ時期によっては父なる神への信仰心を持っていたソロモンに似たところがあると感じます。偶然なのか、ソロモンからの影響があるのか、どちらなのでしょうかね。

         

         様々な芸術に関心のある僕は日本の古典芸能も好きなのですが、それまで知らなかったことに鑑賞することで気付くことがまだあります。僕は歌舞伎での子役の登場は見慣れている一方で、能楽での子役の登場はこの無料公開の最後の作品ではじめて見たかと思います。歌舞伎での子役は大人の役とは声の出し方が異なっていますが、狂言ではそうとも限らないのですね。存じていませんでした。能ではどうなのでしょうかね。

        『トリプリケート』を聴く

        2020.03.14 Saturday

        0

           ノーベル賞受賞者のボブ・ディラン氏の3枚組のCDである『トリプリケート』を購入して聴きました。収録されている曲はボブ・ディラン氏が作詞・作曲したものではなく、アメリカン・スタンダードです。僕はクラシックや各民族の古典音楽はよく聴きますが、それらに含まれる例外を除けば20世紀以降の曲を自分から聴くことは僕としては珍しいです。『トリプリケート』においてボブ・ディラン氏はボーカルです。明るく感じられる曲が数曲あり、それらが僕には好みでした。各局は部分部分がその曲の全体に即しており上手く作曲されている、と感じます。希望としては、少々値段が高かったのでもう少し安いと嬉しいです。

          『可愛い嘘のカワウソ』と芸術

          2020.02.18 Tuesday

          0

             去年、『可愛い嘘のカワウソ』という日本の漫画がKADOKAWAから発行されました。今月、購入して読みました。書店での分類としては教養とされていました。娯楽作品ではなく芸術作品と判断されているのでしょう。なお、KADOKAWAは関東学院大学経営学部のK-bizのサポーターです。主人公のカワウソについては、東京駅などでイベントまで開かれるほどの人気となっているようです。芸術性が高いためか、著作権について厳格に管理されているようです。

             

             芸術性の実際の中身を検討しますと、まず絵の芸術性が高いです。具体的には例えばですが、絵の描き方に特徴があります。そして他の具体的な点として、近世以前の西洋美術ではよくあるように、主人公のカワウソの格好は力を入れて描かれています。また、ストーリーには時としてメッセージ性もあり、この点も芸術作品ならではの特徴です。時としてそのメッセージ性は人道的であり、西洋で好まれそうなものです。親米派の僕ももちろん好みます。白黒ではなくカラーで書かれていることは日本の漫画ではおそらく珍しいので、この点も芸術上の工夫と言えるでしょう。色は巧妙に使われており、西洋美術で言えば印象派と類似しているように感じます。文字も工夫されており、書道の影響が感じ取れます。書道は日本のみでなく世界にそれなりに幅広く見受けられる芸術領域です。もちろん芸術がどうであれ、主人公のカワウソは可愛いです。

             

             芸術にもマーケティングがあった方が成功し易く、SWOT分析で言えば、『可愛い嘘のカワウソ』はコツメカワウソの日本における人気という機会を活用しています。そして絵が上手いという著者の強みを生かしています。現代日本ではスポーツ程には芸術や学問は尊重されないので、市場が十分に大きくないことが脅威でしょうが、先述のイベントなどでのグッズの販売でこの脅威への対応をしているようです。弱みとしてはKADOKAWAは芸術関係の企業ではないので企業内のノウハウが十分か不明なことですが、おそらくKADOKAWAの内部ではこの弱みへの何らかの対応が採られていたのでしょう。他の出版社に対応をまねされないように企業機密にするのでしょうけれども。

             

             芸術家にありがちですが、著者はLommyというペンネームを使用しており、本名は不明です。西洋美術の特徴が見られますが、奥付のプロフィールの欄に学歴が書かれておらず、著者に西洋美術の学習歴があるかは不明です。日本にも芸術関係の大学はありますので、学習歴があっても不思議はありません。

             

             さらには主人公のカワウソの間違い探し絵本まで発行されたので、購入して姪っ子にプレゼントしました。カレンダーもあるようですが、まだ購入していません。また、続編が楽しみです。

            「人、神、自然」鑑賞

            2020.02.08 Saturday

            0

               今日、東京国立博物館で開催されている「人、神、自然」を鑑賞してきました。この展覧会タイトルからは分かりにくいでしょうが、カタールのザ・アール・サーニ・コレクションの展覧会です。ザ・アール・サーニ・コレクションは、世界から幅広く収集された工芸品のコレクションです。今回の展覧会では主に古代の作品が展示されています。土日には展覧会は混雑しがちでしょうけれども、この展覧会は嬉しいことにそれ程は混雑していませんでした。特設サイトが作られていなかったことが、それ程は混雑しなかった一因でしょう。また、東京国立博物館での海外関係の展覧会はなぜか必ずしも混雑しないことを、僕は予め知っていました。

               

               僕は動物が好きです。この展覧会の主催者としては、クマの像がお勧めなようです。確かに、悪くない可愛さでした。しかし、僕が可愛いと思ったのはヒヒの像です。一部の作品のみですが、ガラスを挟まずに鑑賞することができたのは嬉しい点です。ガラスを挟まなかった作品にアイベックスの像がありますが、物理的に大きな像でした。今日では日本でもアイベックスを一部の動物園が飼育しているようですね。動物以外については、ギリシア神話のサテュロス像は物理的にキラキラでした。この展覧会は横浜から鑑賞しに行く価値はあったと思います。

              徳川美術館に寄る

              2020.01.05 Sunday

              0

                 伊勢市にいる父側の祖母に先週土曜に会ってきました。横浜からは伊勢市よりも韓国のソウルの方が行きやすいようで、片道だけでもかなり時間が要りましたし電車の乗り継ぎも多かったです。しかし、一時間程度祖母と会話できました。僕は以前伊勢神宮を見学したことがありますが、今回は寄りませんでした。神道の氏子の方々は正月に伊勢神宮に参拝しにいくこともあるのでしょう。

                 

                 帰りに、名古屋にある徳川美術館に寄ってきました。徳川美術館のある場所は、江戸時代はどうだったか別としても、現代では交通の便はあまりよくないようで少々歩きました。江戸時代当時の徳川家といえばキリシタン弾圧などをした一族ですが、徳川家ゆかりの美術品の芸術的価値は否定できません。以下、入館料金は合わさっているので、徳川美術館本体と文庫とを区別せずこの記事を書きます。

                 

                 国宝である初音の調度の公開期間中であり、初音の調度のあった第5展示室には良い意味で派手な工芸品が多々ありました。企画展「奏でる」に展示されていた和楽器や琉球楽器は、間近で見たことが僕はあまり (全く?) なかったので、斬新でした。見た目も見ごたえのある和楽器や琉球楽器がありました。2時間程度徳川美術館に滞在できましたが、それでも鑑賞時間が不足しており、特別展「良寛さん」はじっくりは鑑賞できませんでした。

                「太平楽」拝聴

                2020.01.02 Thursday

                0

                   昨日NHKが放送した宮内庁による舞楽「太平楽」を録画していたので、拝聴しました。日本舞踊のみでなく雅楽にもまだ僕はなじみが薄いので、安くで聴けるのならばもっと聴くようにして理解力を高めたいです。そして韓国のアアクなどと聴き比べてみたいものです。さすがにアクロバットはありませんが、舞人は動きにくそうな衣装で舞っているので練習を要しているのでしょう。なかなかに聴きごたえがあるので、宮内庁がもし収益事業として舞楽を公演すれば、国の歳入を増やせるかもしれないと思います。NHKいわく、「太平楽」の舞人の衣装には伝統工芸が投入されているそうです。もしまだ日本の伝統工芸に経営学で言う暗黙知が使われているなら、早く形式知にして継承時のリスクを下げるべきでしょう。

                  「第46回NHK古典芸能鑑賞会」鑑賞

                  2019.12.29 Sunday

                  0

                     NHKで「第46回NHK古典芸能鑑賞会」が放送された際に録画してあったので、鑑賞しました。インタビューなども飛ばさずに鑑賞しました。第46回ということは、なかなかに長く続いている鑑賞会ですね。

                     

                     前半には3演目がありました。「越天楽変奏曲」では、和楽器の奏者は和服を着て、洋楽器の奏者は洋服を着ているという点が興味深かったです。好みの曲でした。「四季三葉草」には、激しい動きが少しですがありました。舞手の動きにくそうな服装からすれば、特に練習が必要だった箇所でしょう。日本舞踊の鑑賞を楽しむには、僕の鑑賞力はまだ不足していると感じています。狂言である「髭櫓」は喜劇であり、この番組で僕にとって一番面白い演目でした。もちろん、現実社会でのDVには僕は反対です。

                     

                     後半は僕が好きなジャンルである歌舞伎でした。歌舞伎の「義経千本桜」の川連法眼館の場は、演出が異なるものを以前鑑賞したことがあったと思います。歌舞伎で源九郎狐が空を飛んでいく演出をかつて観たのですが、それがこの川連法眼館の場だったと思うのです。今回の番組では源九郎狐は空は飛んでいませんでした。今回の番組では、歌舞伎役者などの発声が上手かったです。文楽関係者が関与しての上演は、21世紀になっても歌舞伎ではまだ多くはないでしょう。

                    「モアナと伝説の海」鑑賞

                    2019.12.26 Thursday

                    0

                       「モアナと伝説の海」を鑑賞しました。ディズニー映画にありがちであろう、勇気と優しさの物語でした。ただし他のディズニー映画と、具体的なストーリーはもちろん異なっていますので、ストーリーについても鑑賞する価値がありました。女性キャラクターであるモアナが冒険をするという点は、他のディズニー映画でもしばしば似た点が見られますが、ディズニー映画はジェンダーについて束縛が良い意味で緩いと言えます。技法としては、アメリカ映画では珍しくないであろう3Dアニメーションです。一方で日本においてはまだ、アニメ映画でも3Dアニメーションは少ないですね。一部の動物や一部の敵キャラクターは、かわいく描かれています。他に特筆すべき点としては、歌が良かったです。この作品について五段階評価をすれば、星4つです。