イスラエル建国71周年独立記念の夕べ

2019.05.29 Wednesday

0

     今週の月曜に東京で開催された日本イスラエル親善協会、略称JIFA、のイスラエル建国71周年独立記念の夕べというコンサートに出席してきました。スピーチがいくつかあり、JIFAの目的にぴったりなことにビジネスに関する言及もありました。そしてコンサートも音楽は芸術の一つなのでJIFAの目的にぴったりです。今回の出演者は東京アーティスツ合奏団でした。定番であり僕の好きな曲でもある黄金のエルサレムも演奏されました。

    2018年度JIFAお花見

    2019.04.06 Saturday

    0

       時間間隔がおかしくなっているので年度を混同していないか不安ですが、たぶん混同はないでしょう。先週2018年度の日本イスラエル親善協会のお花見に出席しました。ユダヤ人の参加者の方々ともそれなりの量の会話ができました。今回のお花見では英語はほぼ必須でした。参加者の方々との会話の中で出た話題としては、医療の話やITの話がありました。僕たち日本の消費者のために、日本企業にイスラエルから輸入してもらいたいものは色々あります。

      協会2018年懇親交流会

      2018.12.01 Saturday

      0

         今日、横浜日本中国友好協会の協会2018年懇親交流会が横浜中華街で開催され、僕も参加してきました。僕は今年入会したので新入会員として招待の扱いになり、無料でした。中国からの訪日客が増加しているとのことで何よりです。ビンゴでは景品があたりました。

        「イスラエル独立70周年記念の夕べ」出席

        2018.05.29 Tuesday

        0

           今日、日本イスラエル親善協会のイベントである「イスラエル独立70周年記念の夕べ」に出席してきました。ベンアリ大使からの経済についてのお話などがあった後、イベントの本体であるコンサートがありました。メイタル・カルテットによるものです。ユダヤ音楽は僕の好みなので聴きがいがありました。音楽に画像を活用するという技法が採用されていました。コンサート後にCDの購入もしました。

          JIFAのお花見

          2018.04.05 Thursday

          0

             日本イスラエル親善協会 (略称JIFA) のお花見が先週土曜開催され、僕は花粉症ですが出席してきました。ここでいう花は桜です。僕はお花見はめったに行かず、JIFA主催のお花見には初出席です。開催場所は東京都内でした。過ぎ越しの祭りと日にちが重複していたので、僕を含めほとんどが日本側出席者でした。合計出席人数はそれなりにいました。出席者は日本の人口構成と比べてキリスト教関係者が僕も含めて多めでした。専門職の比率も高めでした。飲食については、ワインをもらえました。

            ユダヤ史の式典に出席

            2017.12.20 Wednesday

            0

               今週月曜日、山野美容専門学校で開催された「3500年の歴史を持つユダヤの歴史展」に出席してきました。日本イスラエル親善協会会員であったために式典に招待されていたのです。主催はアメリカのNFPであるサイモン・ウィーゼンタール・センターです。この分野では珍しくユネスコが協力したイベントであり、式典ではユネスコの松浦晃一郎氏が表彰されていました。開催場所が日本であるためかやや日本に気を遣っているのではないかと思われることをおっしゃる壇上者もいらっしゃいました。展示は、コンパクトなユダヤ史の教科書にするとよさそうな仕上がりでした。

              イスラエル独立69周年

              2017.05.31 Wednesday

              0

                 今週月曜の夜、日本イスラエル親善協会主催の「イスラエル独立69周年 記念の夕べ」に出席してきました。イスラエルは今月で独立69周年なのです。式典ではイノベーションや起業のお話がありました。そして第二部はイスラエル留学歴のあるピアノ奏者の方を含む、ピアノとハープによるコンサートでした。演奏された曲には僕はまだ聞いたことのなかった曲も含まれていました。印象的だったのは現代のハープが巨大なことです。聖書にもハープが登場しますが、聖書が書かれた時代には今よりは小さかったそうです。今回のイベントで僕が直接貢献できたことは特にないのですが、経済交流と芸術交流のためにはこうしたイベントに出席してまずは知識を得ることが重要なのでしょう。

                2016年度JIFAハヌカパーティー出席

                2016.12.26 Monday

                0

                   日本イスラエル親善協会の会員として、日本ユダヤ教団のシナゴーグでの2016年度JIFAハヌカパーティーに今日出席してきました。国際親善イベントにふさわしく、正義や愛が唱えられていました。席の関係であまり多くのユダヤ人の方々とお話しできなかったのは残念でしたが、キリスト教主義の国内大学数校に来訪歴をお持ちのルツ・カハノフ大使とお話しすることができました。僕は平会員ですが、少しなりとも経済交流と芸術交流に貢献できていたら幸いです。

                  WSJ Opinion Leaderに選定される

                  2016.05.31 Tuesday

                  0
                     日本語マスコミからはここ数年間は何もお誘いを貰っていなかった文宣ですが、先週月曜日にダウ・ジョーンズ社からWSJ Opinion Leaderの一人にならないかというお誘いをいただきました。本当にダウ・ジョーンズ社から僕なぞにそのようなお誘いが来るのか疑問だったので、ダウ・ジョーンズ社に確認するためにしばらく時間がかかりました。以外にも本物のお誘いだったため、お引き受けすることにしました。そして日本時間で先週土曜日からWSJ Opinion Leaderの一人となりました。

                     活動内容はダウ・ジョーンズ社からの調査がある際にご協力するというものです。調査の種類は数通りあるのではないか、と予想しています。大抵の調査には守秘義務が課されると思いますから、このブログには具体的なに内容は書けないと思いますのでこのブログの読者の方々はそこはご期待なさらないでください。

                     WSJ Opinion Leaderの活動はウォール・ストリート・ジャーナルの編集にも活かされるのだそうです。ジャーナリズムは市民社会に不可欠です。また、ダウ・ジョーンズ社からの招待以外にもWSJ Opinion Leaderになるルートはあるようですが、コンセプトからしますと招待による場合には影響力のある専門家と認められたという意味のようなので、少々嬉しいです。曲がりなりにも金融を専門とする大学教員である文宣は、世界で最も高品質な経済新聞であるウォール・ストリート・ジャーナルのジャーナリズムを今後も維持していけますよう微力ながら協力したいと思います。

                     なお社会貢献活動といえば文宣としては昨日の日本イスラエル親善協会のイベントに行く予定だったものの、こなさなければならない研究活動が風邪で遅れていたため欠席せざるをえず残念でした。さらに昨日も発熱で体調が悪かったのでもし無理に出席していたら会場でダウンしていた可能性が高いです。欠席は善後策としては正解だったようです。

                    ハヌカ・パーティに初出席

                    2015.12.09 Wednesday

                    0
                       大学教員が社会貢献をするべきだということはよく言われることですが、僕がしている社会貢献活動はあえて挙げればユダヤ人との国際親善活動です。大した貢献はできていないですが。今日、日本イスラエル親善協会主催で広尾シナゴーグで開催されたハヌカ・パーティに出席しました。ハヌカ・パーティに出席したのは初めてです。

                       ユダヤ人との国際親善活動にわずかながら携わっている動機は、僕がシナゴーグやイスラエルの民間非営利組織の会計も研究していることが一つです。日本では日本マスコミの不公正な報道などによってユダヤ人が偏見を持たれているのでユダヤ人を応援したいということと、僕たちキリスト教徒は中世以降はユダヤ人に対してほぼ一方的に加害者だったので和解のための活動をしたい、ということとの2点も動機としてあります。

                       ハヌカの歌を数曲歌いましたが、キリスト教徒の参加者が多くなることがあらかじめ分かっていたためか、予想通りキリスト教の教義に反さない歌ばかりでした。ユダヤ人の歌は僕の好みです。

                       日本でも公正な情報が伝えられるようになってユダヤ人への偏見が払しょくされるようになってほしいです。
                      1