日本の会計史

2019.02.11 Monday

0

     アメリカの会計以外で研究する中期的な対象として、僕は今は日本の民間非営利組織会計史を設定しています。史学理論を多少は学んだので会計史研究を再開するのです。研究を進めていくと、幸いにも無事にいくつか面白いことが分かってきました。理想的には北東アジア、特に日中韓、の中での日本の民間非営利組織会計史の位置づけをしてみたいです。近年はグローバル・ヒストリーがパラダイムとなっている時代であり、また鎖国の前は会計を含めて日本は中国や朝鮮半島から様々な影響を受けてきたからです。開国後は逆方向の影響もあるかもしれません。

     

     そのためには論文を読めるようになるための中国語の復習と韓国語の学習も必要なので語学的にハードではあります。また日本の古文書を読むためにくずし字に慣れる必要もあり、おそらくこちらはよりハードです。史料収集も日本の場合は古文書館の整備の関係で簡単ではありません。僕の技能の制約上あくまで日本の会計史をメインの対象にしているので、中国や韓国の会計史については当面は二次史料に頼るにとどまるでしょう。

     

     

    JUGEMテーマ:学問・学校

    スポンサーサイト

    2019.04.17 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする