大量生産に反対したポストモダニスト

2020.03.25 Wednesday

0

     ポストモダニズムの支持者であるポストモダニストは、理性に反対します。日本では会計学者にもポストモダニストがいます。そして合理的な大量生産にポストモダニストは反対してきました。新型コロナウイルスによって、マスクなどが現在日本を含め世界各地で不足しています。20世紀からハーバーマス先生はポストモダンと相いれない学説を唱えていましたし、ソーカル事件もありました。ポストモダニストは大量生産に反対した点でも誤っていたのです。そしてこの誤りは、誤りの論証ではなく事例であるという点が特徴です。経営の実務においてポストモダニズムが大量生産の妨害となっていたかは存じませんが、教育・研究にはこの誤りは意味を持ちます。

     

     アカデミック・インテグリティを持った研究者は、自説に深刻な疑義が生じれば無視や隠蔽ではない何らかの対応を採ることがあります。そのためのルートがなければ対応を採れなくてもその研究者の責任とは言いがたいですが。ポストモダニストは価値相対主義の日本社会では重宝されているでしょうから、対応を採りたければ容易に宣言を掲載させてくれたり音声や映像で報道してもらえるルートを持っていることでしょう。ポストモダニストがこの新しい事例によって誤りを認める宣言を出すアカデミック・インテグリティを持っているか気になるところです。ただしポストモダニストは理性に反対なので、誤っていたからといって何が悪い、と平気で言うかもしれません。

     

     もちろんポストモダニズムにも結果的には理性に反していない点が少しはあるかもしれません。しかし貢献をしのぐ害悪をポストモダニズムは学問にもたらしていそうです。西洋の合理主義を隠したり歪曲して正しく教えず理性に反していることを大学などの高等教育機関の教員が学生に吹き込めば、日本では続いている東洋の蒙昧主義が推し進められます。これから大学などの高等教育機関で学ぶ新入生の方々や学生の方々には、ポストモダニズムに騙されないでいただきたいところです。新入生や学生には、専攻が社会科学であれ人文科学であれ自然科学であれ西洋の合理主義に関心を持っていただきたいところです。

     

     

    JUGEMテーマ:学問・学校

    スポンサーサイト

    2020.03.30 Monday

    0
      コメント
      コメントする